スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

指一本分の労力を頂けると嬉しかったりするです・・・人気ブログランキングへ
にほんブログ村

お役に立ててなによりです〜
 
動画配信 3Dプリント
スポンサードリンク | - | | - | - | - | -

ばぁさん&シニアクラス 第二回 #iPhonejp #iPhone4jp #ios

さて、ばぁさんと一緒に第二回シニアクラスをやってきました。
私が講師をやるのはこれが初めてになりますが、人生の大先輩方にどうやってiPhoneの楽しさを伝えればいいかなぁ〜といろいろ考えつつ、とっても楽しい時間を過ごせたました〜。
いやいや、素晴らしいです、シニアクラスってば。

ということで第二回シニアクラスの内容を書いてみましょ〜。


JUGEMテーマ:iphone
JUGEMテーマ:Macintosh
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:家庭
JUGEMテーマ:iPhoneで撮る
JUGEMテーマ:デジモノ大好き!


前回の記事に書きましたが、既にばぁさんが第一回で電話の取り方やメール、文字入力なんぞを教えてましたので、今回はそれも絡めながらお話ししてきました。

今回のメンバーは、うちのばぁさんを含めて6人。男性3人女性3人。平均年齢7×歳。。。
全員、お茶菓子やら鶏の唐揚やらの食べ物持参ってところが可愛らしいでしょ(笑)。

ご挨拶がてらいろいろお話ししつつ、第二回シニアクラスが始まりました。


1:Apple IDとはなんぞ?
2:iCloudとはなんぞ?
3:Appの購入の仕方


これが今回のお題。
今回のメンバーが持っているiPhoneは一人だけau版で、あとの五人は全てSoftBank。iPhone 4が4人、iPhone 4Sが2人。
iPhone 4が多いのは、私と同じように元々iPhone 4を使っていた家族がiPhone 4Sに機種変更して、余ったiPhone 4を別契約して持つことになったからなんですね。SoftBankのこのキャンペーン、私はたまたま期間前にiPhone 4をばぁさんに渡したので適用できませんでしたけど、とってもお得で助かりますもんね。


さて、まずは「1:Apple IDとはなんぞ?」です。

普通の携帯を使ってたところからiPhoneに乗り換えると、まず最初に思うのがこのApple IDとはなんぞ?という点。
元々iTunesを使ってたり、古くは.MacやMobileMeを使ってたAppleユーザーにとっては慣れ親しんでいるものですが、初めての人にはなんのためのIDなのかよくわからんのですよ。
で、シニアさん達に説明。

「Apple IDというのは、iPhoneでいろんなサービスを受ける時に使う会員登録で、これがあるとアプリを無料・有料で購入したり、次にお話するiCloudっていう便利なサービスなんかも使えるようになるんですよ〜」

シニアさん達、すぐに理解。そして質問。

「このApple IDがあればアプリとか買えるんだよね?支払いは電話代と一緒になるのかね?」

・・・いえいえ、Apple IDを使って購入したりする料金は、クレジットカードかiTunesカードで支払うことになります〜。iTunes カードはAppleのホームページ(Apple Store)やコンビニや家電店なんかに置いてあります〜。

全員納得したところで、まだApple IDを登録していなかった4人の登録作業をお手伝い。
支払い方法はとりあえずiTunesカードに。ここはね、いつも母がお世話になってるので、私が1,500円のiTunesカードを人数分用意しておきまして、それを皆さんのiPhoneに登録しておきました。
iTunesカードのいいところは、こうやって気軽にプレゼント出来る事はもちろん、Appを購入しまくって使いすぎになったりしないように管理できること。便利ですね〜。


お次は「2:iCloudとはなんぞ?」です。

これがね〜ちとシニアさん達にはわかりにくかった。

「iCloudというのは、iPhoneを使う時に中に入ってるデータをバックアップしたり、iPhoneがどこにあるか調べることが出来るようになったりするとっても便利なサービスで、Apple IDを登録してあればちょっと設定するだけですぐに使えるようになる無料のサービスです〜」

シニアさん達、とりあえず理解、納得。
で、どんな時に使うの?という質問。
確かに。
iCloudって普段から意識をして使うようなものじゃないと思うんですね。フォトストリームはオンにしておけば勝手に写真がアップロードされてくし、メールやカレンダー、連絡先なんかもオンにしておけばいいだけで、普段から意識して何かしなきゃというわけじゃない。

それがiCloudの良さだなと。

シニアさん達の質問に答えながら、要するに“備えあれば憂いなし”ってサービスです〜と言ったところ、そうなのか〜で一件落着。ことわざって素晴らしい(笑)。

付け加えて、“iPhoneを探す”の機能を説明。

「iPhoneを無くしちゃったら、他のiPhoneやパソコンでどこにあるかを調べることが出来るんですよ〜」

シニアさん達、納得。
この機能はね、以前うちのばぁさんが倒れた時に命綱になってくれましたし、それがきっかけでこのシニアさん達もiPhoneに乗り換えたのでね。ほんと、助かりました。


そして最後、「3:Appの購入の仕方」です。

Appです。これこそiPhoneの大きな魅力。
今日のシニアさん達とは何度もお会いしてますが、iPhoneを使い始めたばかりの頃によく聞かれたのが、

「なんで同じiPhoneなのに他の人は画面が違うの?」

という疑問。
うん、仰るとおり。
Appという概念が無いので理解しにくいんですよね。
で、その時に譬え話で説明したのが、

「ホットプレートみたいなもんです。普通に焼肉する時はそのままで、たこ焼きにしたい時はたこ焼きの型に交換、平面焼きとか穴あき波形とか、用途に合わせてプレートを交換して使う、そんな感じです〜」

とお話ししまして。
これはすぐに納得。
ということで、AppがiPhoneにいろんな機能を追加できるものという事はわかってますのでね。あとは購入の仕方を。

「Appを購入するには、iPhoneの画面にある“App Store”ってアイコンをタップして、その中で操作して買います。さっきiTunesカードで1500円分をチャージしてあるので、今は1500円まで買えますけど、それ以上買う時はまたiTunesカードでチャージして下さいね。クレジットカード支払いに変えるといちいちチャージしなくても買えますよ〜」

シニアさん一同、納得。

ついでに、

「Appには無料のものと、有料のものがあって、無料のものはそのままダウンロードして使えます。ただ、Appの中には無料・有料問わず、Appの中で他の機能を追加したりする時にまた購入するものもあるので注意して下さいね。あと、新しいバージョンとか、何かの問題があったものを修正したバージョンとかが出てくることがあるので、月に一回程度はこのApp Storeを起動して、右下のアップデートを確認してみて下さい。もしアップデートがあったらやってみて下さいね〜」

と説明。
まぁこれからもシニアクラスをちょくちょくやるので、その時にWiFiで接続してアップデートの確認をしていくのが一番いいかなと思いますのでね。この辺も慣れていくでしょう。

では早速Appの購入です。

この前、脈拍を調べたいと言ってたので、早速Instant Heart Rateを教えてあげました。

Instant Heart Rate
Instant Heart Rate by Azumio - Modula d.o.o.


これはね〜凄いですよ。
iPhoneのカメラとLEDライトを使って脈拍を計測するんですね、このApp。
人差し指でiPhoneのカメラとLEDライトを塞ぐように押さえると、LEDライトで照らした指先の毛細血管の動きをカメラの映像で分析、拍動を検出して脈拍として表示してくれるのですが、これがとっても正確。
最初は人差し指で押さえる力加減がわからなくて不安定になるかもしれませんが、普通に触れてる程度の押さえ方に慣れてしまえば大丈夫。実際にオムロンの血圧計と同時に計測して見ましたが、脈拍数の計測結果は全く同じでした。こんな事がiPhoneでさくっとできるので、出先でちょっと息切れしたとか、ちょっとした体調の変化があった時にさくっと計測できますのでね。

早速シニアさん達にApp Storeでの検索の仕方を説明しながらInstant Heart Rateを見つけ出し、そのまま購入。購入する時にApple IDの確認があり、それも難なくクリアして全員無事にApp購入完了。
すぐに起動して脈拍を測ってみるシニアさん達。

「おぉ〜」
「あれま〜」
「あらやだ」

なんて声があちこちから聞こえてとっても楽しい(笑)。
みんなお互いの脈拍を見せ合って楽しそうにお話ししてました。

他にもいろんなAppを教えてあげましたが、探すのも楽しみだね〜と盛り上がっておりました。

ここまでで約二時間。
第二回シニアクラスは無事に終了、第三回もぜひとご用命頂きましたので、また近いうちに開催したいと思います〜。


Appの購入で紹介したInstant Heart Rate。
やはり高齢になると脈拍などのデータは健康管理の上でとても重要なんですね。
実はうちのばぁさん、私が小学生の頃に狭心症と診断されて、それから何度か入院したり、ここ数年の間は心筋梗塞でステントを入れたり、何かと心臓に関わる疾患が増えてるんですね。
先日の眩暈もそうですが、普段から身体の負担を気にしなければならないので、脈拍はもちろん、血圧なんかも毎日測定してチェックしてます。
iPhone単体で血圧測定するのは難しいかもしれませんが、脈拍と合わせて記録だけでも出来れば、母はもちろん、シニアさん達の健康管理にも役立ちますのでね。
病院に行った時に先生に見せる方法も教えておきましたので、担当のお医者さんも参考にしてもらえるかも。

ばぁさんもシニアさん達も、みんないつまでもお元気で。


最後に、第三回はどんなことしたいですか?と聞いてみたところ、

「写真がうまく撮れないんだけど・・・」
「ムービーってどうすればいいんだ?」

などなど、カメラ関係の話がいっぱい出てきましたので、第三回はiPhoneカメラで撮りまくりにしました〜。

私は息子ちゃんのお写真を撮りまくって鍛えましたのでね、それなりに綺麗に撮れるお話が出来ると思います〜。

楽しみ〜。

第三回もよろしくお願いします〜シニアさん達。
指一本分の労力を頂けると嬉しかったりするです・・・人気ブログランキングへ
にほんブログ村

height185cm | ばぁさんとiPhone | 23:42 | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

ばぁさん、iPhoneシニアクラスで脚光を浴びる〜。 #iPhonejp #iPhone4jp #ios

お久しぶりでございます。
なんだかドタバタしててなかなか記事が書けませんでした。。。

以前、うちのばぁさんのお友達から“iPhoneの使い方とかを教える教室みたいなのやって〜”というお話を頂いたことを書きました。
いいですよ〜と即答しておいたものの、さてどんな風にやればいいかなぁと考えておりました。

と、つい先ほど、ばぁさんから連絡がありまして。

「あぷり?買う時って、あっぷるあいでぃーっていうのをつくるんでしょ?」

ですと。

iPhoneシニアクラス、講師は私ではなく、ばぁさんになりまして。。。

JUGEMテーマ:iphone
JUGEMテーマ:Macintosh
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:家庭

まぁびっくりです。ほんとに。
先週、ばぁさんとそのお友達が集まってお茶をしてた時の事。
私講師のiPhoneシニアクラスで何を教えてもらおうか〜と相談していたらしいのですが、私が色々と忙しいということもあり、じゃあこれまでばぁさんが覚えたことをみんなに教えることから始めましょ〜という流れになったんですね。

これがね〜なかなか面白い。
ではその内容を〜。


《iPhoneシニアクラス第一回 講師:ばぁさん》
1:電話の掛け方、取り方
2:メールの開き方
3:文字の入力方法


ま、本当に初期の初期みたいな段階の事をやってみたとのお話。

やっぱりね、最初にiPhoneを持つと、電話の掛け方や取り方がわからないんですね。確かに画面を見るだけだと電話のアイコンがあっても、それがなんなのか説明してあげないと意味がわからないのかもね。

そしてメール。
まぁメールはアイコンをタップすることと、そこに表示されている名前をタップすれば届いたメールが見れるよ〜で済みますので簡単だったみたい。

とにかく大変だったのが文字の入力方法。
これはね〜フリックはなかなかとっつきにくいので、とりあえず日本語テンキーで普通の携帯みたいに入力したい文字が出てくるまでタップするという方法で説明したみたいなのですが、たまに英語フルキーボードが出てきたりするとびっくりしちゃう(笑)。この辺は切り替え方を教えてあげて、少しずつ慣れてもらう感じですね。


ばぁさんが講師となってここまで進んだことはとっても素晴らしい。人に教えることができるようになるほど、iPhoneを使いこなしてくれてるのがとても嬉しいです。

さて、次回はいよいよ私が講師をやるのですが、参加者全員が一番覚えたいと思っていることをじっくり説明しようと考えております。


参加者全員が一番覚えたいと思っていることとは?


それはもちろん、カメラと写真、そして壁紙に設定する方法。
みんな一緒なんですね、目的は。

家族の写真、孫ちゃんの写真、孫ちゃんと一緒にお出かけした時の写真、孫ちゃんのムービー、何もかも全て孫ちゃんに関わることばっかり(笑)。うん、みんなそういうもんだと思います。もちろん我が家もね。

そして今日、第二回の日程を決めるためにばぁさんがあちこち連絡取り合っていたようなのですが、そこで先ほどの、

「あぷり?買う時って、あっぷるあいでぃーっていうのをつくるんでしょ?」

という質問がありまして。
ばぁさんのiPhone 4のApp Storeには私のApple IDを入れてあるので、それでそのまま買っていいよ〜と話したところ、

「あのね、友達が欲しいって言ってるあぷりがあるから、それの買い方を教えてあげたいのよ〜」

との事。
そっかそっか、じゃあ次のシニアクラスでその辺も教えてあげようかね〜と話したところ、

「うん、それもお願いします。iPhone使ってみんなで心拍数とか血圧の管理とかしたいね〜って話してたのよ〜」

と。

おぉ〜それが出来ることを知ってることが素晴らし〜。
そうか、iPhoneのAppを使ってシニアさんたちの健康管理に役立てるのもありだなぁ。
健康管理でパッと思いつくだけでも心拍数測定・血圧の測定記録・体重測定記録があるし、クックパッドで健康的なレシピを探してもいいだろうし。。。
シニアさんならではのiPhoneの使い方がいろいろ考えられるもんね。
シニアクラス、なんだかとっても楽しそ〜。

そんな事を思いながら適当にばぁさんに相槌を打ってたら、

「お父さんのお墓のところも写真で見れるのね〜この地図のやつで〜」

ですと。
あれま、もうストリートビューまで使いこなしてるの?
いつの間にそんなに覚えたんだろ〜ばぁさん、やるなぁ。。。

こりゃシニアクラスを年寄り相手なんて思ってやってたら、こっちが教えてもらう側になりそう(笑)。
先回りしていろいろ勉強しておこうっと。

頑張ればぁさん〜頑張れシニアさんたち〜。


そしてもっと頑張れ〜俺(笑)。
指一本分の労力を頂けると嬉しかったりするです・・・人気ブログランキングへ
にほんブログ村

height185cm | ばぁさんとiPhone | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ばぁさん、CC、BCC。iPhone教室シニアクラス? #iPhonejp #iPhone4jp #ios

お正月気分が抜けないまま、金魚ちゃんの水槽のお掃除もままならず。
新年をこんなだらだらなまま過ごしていていいんだろうかと疑問に思いつつ、ま、いっか。

さて、うちのばぁさんです。

進化しております。

ものすごい成長っぷりです。

もちろんiPhone使いとしてです(笑)。

先日、今年最初の息子ちゃんと逢える日だったので、パパちゃん朝から気合十分で待っていたのですが、息子ちゃんはちとお疲れ気味でお寝坊さんしたとの事。でも無事に逢えてなにより。
そのまま、新年最初ということもあってばぁさんのお家へ息子ちゃんと二人で行ったのですが、そこでばぁさんから新年最初のiPhone質問が。

「メールって、何人にも(同時に)送れるの?」

はい。
ということで「ばぁさん、CC、BCC」となります〜。

JUGEMテーマ:iphone
JUGEMテーマ:Macintosh
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:家庭
JUGEMテーマ:au

よくよく話を聞きますと、どうやらお友達からメールが来て、それに返信をしたらいろんな人から返信が届いてびっくりしたと。

なるほど。

ばぁさんには、普段のメールとして標準のメッセージを使わせてまして。
これだとiMessageが使えるので、iOS同士だととっても便利なんですね。特にばぁさんの場合、読んだかどうかが結構重要で、生存確認にもなっているわけですよ(笑)。ほんと、年寄りなのでね、何かと連絡してくるのですが、連絡が来なくなるとこちらも心配になるのですよ。
そんな時、iMessageでiOS同士だと入力してるのもわかりますし、既読かどうかもわかるのでとっても便利〜。

でもね、CCやBCCが使えない。
先のばぁさんの話は、要するに送った人が複数を宛先にしてtoでそのまま送信したわけです。
そのメールに対してばぁさんが返信したので、そのまま同時送信されていた他の人達にもメールが送信されて、それを見た他の人がばぁさんに返信してきたので、ばぁさん的には最初にメールを送ってきた人じゃない人から返信が届いてびっくりしたと。ま、知らなければそうでしょうねぇ。

もちろん@i.softbank.jpメールを使えるようにしてもいいんですけど、iMessageの使いやすさや見やすさがばぁさんも気に入ってますのでね。ここでいきなり変えてしまうと、せっかく覚えたのに大変だろうなと思うわけです。

そこで、三人で私と息子ちゃんのお家にただいましてから、なぜ先のようなことが起こったかを説明し、メールを複数の人に送る方法を教えてあげました。

方法は簡単、iMessageを起動して右上の新規メッセージボタンを押して新しいメッセージを開いて、宛先欄に名前を入れるか、右側の+ボタンで連絡先から入力して・・・っていう普通の方法ですね。
何度かテストをして実際にどうなるかも見せてあげると、ばぁさん、しっかり理解してくれました。良かった良かった。

ばぁさんの疑問も解決して、そのまま息子ちゃんと三人でめいっぱい遊んで楽しく過ごしてその日はおしまい。


が・・・


その日の夜。
今日、三人で遊んでた時の息子ちゃんのすんごく可愛いお写真を送ってあげたところから始まりました。。。

しばらくするとばぁさんからメールが。

“いえいえ”


意味がわからん。
しばらくするとまたもメールが。

“いちおうはなしてみるけど ”

どうやら他の人とメールでやり取りしてるのを、たぶん覚えたての複数宛先で送信してその中に私が含まれている様子。。。
ま、気にしなければいいだろうと放っておいたのですが。。。

“わかりました じゃあしたね おやすみなさい”


なんだったんだろ。。。
ま、いっか〜。


翌日、ばぁさんから電話が来まして。


「昨日ね、○○さんから相談されたんだけど・・・」


あ、昨日のメールはそれだったのか?


「もしあんたが迷惑じゃなかったら、あたしの顔を立てるつもりで・・・」


なんだよ。見合い持ってくるとかそういうんじゃないだろうな。そんな話ならいらんぞ。


「あたしの友達とかにiPhone教える教室みたいなの開いてくれないかなと思って」



へ?



じぃさんばぁさん相手にiPhone教室?

ほーーーーーーーーーーーーー。

面白いね、それ。
なんだ、てっきり変な勧誘か見合いの押し付けかと思ったよ(笑)。

うん、いいね、それ。
やりましょう、iPhone教室シニアクラス。


お年寄りだってiPhone使って孫ちゃん達と遊びたいでしょ。
いやいや、息子ちゃんがばぁさんにiPhoneを教えてくれたことから面白いことに発展してきました。楽しそうだね〜。

ということでパパちゃん、頑張るです。

iPhone教室シニアクラス、準備に取り掛かりま〜す。

頑張ればぁさん〜。
指一本分の労力を頂けると嬉しかったりするです・・・人気ブログランキングへ
にほんブログ村

height185cm | ばぁさんとiPhone | 08:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

ばぁさん、iPhone頼りに旅に出る。 #iPhonejp #iPhone4jp #ios

今日、定期的に通院してる病院へ行ったら、おじいちゃんとおばあちゃんが二人揃ってiPhoneいじりしてまして。
微笑ましく思ってたらおじいちゃんが、

「なんで出来ないんだろ。。。」

と軽くはまっておりました。
どうしようかなと思ったけど気の毒なので声をかけてみると、絵文字の出し方がよくわからなかったみたい。
話を聞くと、普段の文字入力は日本語テンキーで、いつもは地球みたいなボタンで切り替わるのに今日はうまく出来ないとの事。

なるほど。

フルキーボード配列では使わないというので、ちょこっと設定を変えて、キーボードを日本語テンキーと絵文字のみの設定にしてあげました。

「おぉ〜これならすぐに切り替わるんだね〜いや〜助かった、ありがとう」

と、おじいちゃんもおばあちゃんも喜んで下さいました。よかったよかった。
お二人であちこち観光へ行って、その時に撮った写真をお孫さん達に見せるのが楽しみだそうで、これからはiPhoneだからその場で送れるから便利だなぁと仰ってました。いいですね、こういう使い方って。
もちろん普通の携帯でもその場でメールに添付して送れるのですが、息子さんが“何かあった時に居場所がわかるから”と言ってたそう。。。私と全く同じですね(笑)。

実は先週の前半、うちのばぁさんも小旅行に出ておりました。
伊東の方へ行ったのですが、これまたiPhoneが活躍してくれまして。
今回はそんなお話を〜。


JUGEMテーマ:iphone
JUGEMテーマ:Macintosh
JUGEMテーマ:家庭
JUGEMテーマ:日記・一般


月曜日に出掛けたばぁさん、お友達と一緒に旅立ったのですが、翌朝になって電話がかかってきました。話を聞くと、どうやらiPhoneの充電器を忘れてしまったとの事。まだこの時点では半分くらい残ってるというので、じゃあ近くのソフトバンクショップに行ってケーブルと電源アダプターを買ってきなさいと言ったところ、どこにあるのかわかんない〜との事。
そりゃそうでしょ、旅先だもんね。

だったらiPhoneで誘導したろかなと、やってみました。

とりあえずソフトバンクのサイトで伊東近辺のソフトバンクショップを探してみたところ、これまたすぐ近くにある(笑)。
で、ばぁさんの居場所をiCloudで探してみると、なぎさ公園ってところになってる。
ほぉ、朝っぱらから公園で海でも見てるのかね〜と思いつつ、先ほどのソフトバンクショップの位置も入れて経路検索してみると・・・


こんなに近いんかい(笑)。

一本道で行き方は簡単だけどちょっとばぁさんには距離がねぇ。そういえば今回の旅行は四人で行ってて、五十代の姉妹の方が車を出してくれたって言ってたっけ。
だったらカーナビ見ながら行けばなんとかなるだろ〜と思いつつ、とりあえずばぁさんに電話してみました。

と。

その五十代の方、カーナビの使い方がわからんと(笑)。
まぁね、そりゃね、そういう事もあるでしょうよ。
なので、やはりばぁさんのiPhone 4に地図の情報を送ってやらんといかんね。
なるべくわかりやすく案内してあげた方がいいからと思い、ソフトバンクのサイトでショップ検索をした時に目印が“かめやホテル横”となっていたので、ストリートビューで確認してみる。そして念のために道路をたどって見てみると、ほんと、かめやホテルの隣なのね〜。これならこのかめやホテルを目印にして行けば、ただ地図だけ表示してるカーナビでもわかるでしょ。
だってね、ばぁさんってばソフトバンクショップのロゴとかわかんなかったら困るもん(笑)。

ということでばぁさんのiPhone 4にかめやホテルの場所を送信。


もうダイレクトにかめやホテルの住所にピンを立ててそのままメッセージで送ったです。
iPhone同士だからiMessageなので、読んだかどうかもすぐわかってとっても便利〜。


こんな感じに情報が添付されまして。
もちろん件名も本文も入力できるので、“このホテルのすぐ手前だからね”と入れておきました。

あ、知ってる方も多いと思いますが、この標準のマップの経路検索、右下のページめくりみたいなところをタップで開くとこんな画面になりまして・・・


プリントやら渋滞情報やら航空写真やらいろいろ設定変更できるのですが、一番右下のリストというのを選ぶと・・・


こんな風に目的地までの行き方を文章で追うことが出来るんですね。
これがかなり便利。ばぁさんにはこっちの方がわかりやすいかな〜と思いつつ、とりあえず先のメッセージを送りました。

そして待つこと数時間。

ばぁさんから電話がきまして、

「なんだ〜あたしたち、このかめやホテルに泊まってたのよ〜」

ですと。。。

なんで気がつかんのじゃ〜。

ま、仕方ない。
ばぁさんですからね。
腹立たしいけど仕方ない。

そしてばぁさん・・・

「お店に行って気がついたんだけど、一緒にいる人もみんなiPhoneで、充電器持ってきてたから買わなくて良かったのよ〜」



あ、そ。



ま、そんなおちゃめなばぁさんです、はい。。。


なにはともあれ、iPhoneで誘導できたのだからよしとしましょ。
そうね、そう思い込まないとね。
虚しくてやってられん(笑)。

お土産の干物で勘弁したったです〜。


ソフトバンクショップの方、親切にして頂きましてありがとうございました。


さ、干物食べようっと。
指一本分の労力を頂けると嬉しかったりするです・・・人気ブログランキングへ
にほんブログ村

height185cm | ばぁさんとiPhone | 08:38 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

ばぁさん、iPhoneのおしゃれに目覚める〜。 #iphonejp #ios

いやいや、横浜もすっかり寒くなりました。
冬はね〜乾燥するのでiPhoneなんかもうっかりすると手を滑らせて落としてしまうのですよ。そんなこともあってiPhoneにはケースを着けてますが、単純に本体保護だけでなく、自分好みのスタイルに出来るのもiPhoneの楽しさの一つ。私、iPhoneのケースは相当いろいろ入手してますが、これだけケースが充実してる携帯電話って他にはあんまり無いでしょうねぇ。

そんなことを思いつつ、つい先日、ばぁさんがメールをしてきまして。

「ごめんね でんわおとしちゃった」

と。
あれま、iPhone 4を落としてしまったのね。
“壊れたか?”と返信してみると、

「だいじよぶ」

と。
そうか、まぁメール出来てるんだからハード的に故障してることもなさそうだし。
“とりあえず故障してないみたいだから大丈夫だよ”と返信。
すると、

「このでんわ オレンジのところはかえられる?」

との事。
たどたどしくもちゃんとメールを送れるようになったでしょ?クエスチョンマークも打てるようになったのは奇跡〜頑張ってるですよ、ばぁさん(笑)。

さて、ばぁさんのiPhone 4ですが、Apple純正のバンパーを着けて渡してあげたんですね。色はオレンジ、かなり目立つ色にしたのは、一目でiPhoneがわかるようにと思ってのこと。
が、どうやらばぁさんの手にはバンパー付きのiPhone 4Sはちょっと大きいみたい。
電話して色々話を聞いてみると、片手で持つと幅があるからしっかり握れないのかもと。
なるほど、確かにその可能性はあるね。じゃあケースを変えてやらんといかんのぅ。

ということで今回の記事、「ばぁさん、iPhoneのおしゃれに目覚める〜。」になりました。

そうそう、先日のばぁさん行方不明事件の後、ばぁさんのお友達がぞくぞくiPhoneに変えまして、結局周りも全員ソフトバンクのiPhone 4 or iPhone 4Sに変わっちゃいました。
これがね〜すっごく便利と大好評。
いろいろ私のところに質問が来るので返事をするのも一苦労なのですが、そちらのご家族の方たちも居場所がすぐにわかる事や、ホワイトプランのおかげでお友達間での通話が1:00~21:00まで無料との事もあってすっごく役に立ってるそうです。いやいや、ソフトバンクさんの努力あってこそのiPhoneですね、本当にありがたい限りです。

さてさて、そんな中、先のばぁさんからのメールでして。
要するにケースを変えたいとのリクエストですな。
つまり、自動的に私がケースを買って変えてくれと(笑)。
ま、いいでしょう、そのくらい。

ということで、ばぁさんのリクエストを聞いて選んだのがこれ、パワーサポート「エアージャケットセット for iPhone4S/4(クリア) PHC-71」。


ばぁさんのリクエストというのは・・・

1「あたし手が小さいから〜」
2「黒のまんまのほうが綺麗だからねぇ〜」
3「裏側もカパってなってるやつ〜」

との事。

確かにね、Apple純正のバンパーは装着すると幅が出るんですよね。それはそれで男性の手にはグリップ感が増して良い感じなのですが、ばぁさんのちっちゃい手にはちと余ると。

黒のまんまのほうが綺麗というのも私的に納得。iPhone 4の黒って、すっごく高級感があって好きなんですよ。指紋が目立ちはするものの、乾燥してるばぁさんの手だとほとんど皮脂がつかない(笑)。
それとね、「お友達のiPhone 4が黒のまんまで凄く綺麗でおしゃれだったからあたしもそういうのがいい〜」というばぁさんなりのお洒落魂があるようでして(笑)。

裏側ね、これが結構重要。
バンパータイプのケースは側面を保護してくれるものの、背面は剥き出しになってますのでね。私のように普段は胸ポケットに入れてる人は気にならないと思いますが、ばぁさんのように出かける時は鞄の中に入れていると、背面側にいろいろ当たって傷がつくんじゃないかって心配になるんですよね。
もっともiPhone 4&4Sは両面ともヘリコプターや高速鉄道の車両に使用されているものと同じ素材で出来たガラスですのでね、まぁ滅多なっことでは傷つかないですから気にしなくても大丈夫なんですけど、そこはほれ、ばぁさん的にiPhone 4を大事に使いたいという気持ちの現われですのでね。

さて、そんなこんなで届いたばかりのパワーサポート「エアージャケットセット for iPhone4S/4(クリア) PHC-71」、レビューしてみましょ。


JUGEMテーマ:iphone
JUGEMテーマ:Macintosh
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:家庭

まずはパッケージ。
やっぱりね、それなりの値段がする商品はパッケージングもしっかりしていて安心です。



そして中身がこれ。


そして装着。あ、ちなみにこれは私のiPhone 4Sです。ばぁさんのところには次の週末あたりに持って行って着けてあげるのでね。
着け方は簡単、スリープボタンのある側の面を先にケースに入れて、あとはぱちっとはめ込むだけ。


はい、こんな感じね。
これがね〜この装着の時に以前買った980円のクリアジャケットとの品質の差を感じたのですよ。

とにかくぴちっとはまる。採寸も成形もかなり精密に作られていて、iPhone本体にぴったり密着しているような感じ。
このケースは背面からちょうど金属フレームの上までをカバーするように設計されているので、本体の表側はケースから微かに出てます。が、ここの成形が素晴らしい。金属フレーム部分の形に合わせてケース自体も段差をつけてあるので、持った時のグリップ感が損なわれないんですね。
先に上げた980円のクリアジャケットは側面はフラットでつるんとしてました。これが滑るんですよ。ほんの僅かな段差なんですが、これがあるとないとではグリップ感がぜんぜん違うんですね〜。いや、びっくりしました。



さて、これは背面側。
カメラのところに付いている黒い部品は、フラッシュを使った時に発生する反射を軽減する「フラッシュガードパーツ」。ここの成形も凄いです。ぴったりとはまっていて、外れそうな気配は全くなし。効果の程はまだテストしていないのでわかりませんが、実は私、普段は常にフラッシュをオフにしてますのでね(笑)。
ちなみにこのフラッシュガードパーツ、予備のパーツもついていて、しかも簡単に外れるようになっていて、外した状態でも全く問題なく使えます。さすがです、はい。



はい、これは本体上部ね。
イヤホン端子のところを見るとわかりますが、とにかく成形が綺麗で滑らか。大きめのジャックのヘッドホンでもある程度対応できそうなくらい、ギリギリまでよけてつくってあるのがよくわかりますね。



そして私が一番感心したところがここ、本体左側面のミュートスイッチと音量調整ボタン周りの成形。ちょっと見難いかと思いますので拡大してみるとですね。。。



これ。わかります?ちゃんとそれぞれのスイッチ、ボタンの周りを滑らかに面取りしてるんですね。以前使っていたケースなどは、確かにスイッチやボタンが操作できるようにカットしてあるものの、ケースの厚みの分だけスイッチやボタンが奥にあるので、実際に使う時は操作しにくかったんですよ。でもこのケースは違うんです。こういう細かな作りこみが素晴らしい。スムーズで滑らかな成形のお陰で触っていて気持いいほど。



こちらの写真でもわかりますよね、滑らかな成形のボタン周りの作り込みが。
ちなみにこのケースはiPhone 4とiPhone 4S兼用になっていますのでね、どちらをお使いの方でも安心。
兼用になっているケースの中には、それぞれのスイッチやボタン周りをやたら大きくカットしてあったりしますが、この商品はちゃんとぴったりサイズに仕上がってますので安心です。


最後の写真は本体下部、コネクター周りですね。
こちらもねぇ〜マイクとスピーカーの部分ギリギリまで寄せて加工されてます。こういった縁はもちろん、全てのエッジ部分が滑らかに整形されていますので、とにかく持った時の感触が凄くいいです。何度も言いますが、本当に素晴らしい加工技術です。

エアージャケットセット内容はこんな感じ。

・エアージャケット本体 1個
・AFP(アンチフィンガープロテクション)クリスタルフィルム(液晶画面用) 1枚
・アンチグレアフィルム(液晶画面用) 1枚
・超極細繊維クリーナークロス 1枚
・フラッシュガードパーツ PAT.P. 2個

画面保護フィルムが光沢とアンチグレアの二種類ついてくるのが面白いですね。しかもこの保護フィルム、真ん中から剥離して貼りつけるので位置決めがしやすくて貼りやすい。これまで使っていた保護フィルムはマイクロソリューションのものでしたが、あちこちのレビューでパワーサポートの保護フィルムが貼りやすいと書いてあったので実際に張り替えて観ました。いやいや、すっごく貼りやすい。全く気泡が入らずに、しかも簡単に位置も合わせられて完璧な仕上がりになりました。やっぱりね、ケースにこれだけの加工技術と使い心地を出してるだけに、保護フィルムひとつとっても繊細な作りこみがされているんですね〜。

それともう一つ。
このエアージャケット、表面にセルフリペアコートを施してあるそうで、細かいキズが付きにくく、軽度のキズは復元作用が働くそうです。ただし、このセルフリペアコートを施してあるのは今回私が購入したクリアとクリアブラックのみとの事。

とにかくこれならばぁさんも気にいるだろうと確信しつつ、先ほどばぁさんに電話して透明のケースを用意したぞと伝えたところ、

「いろんなのがあるんでしょ?綺麗なのとか可愛いのとか」

「動物のとかないの?セキセイインコのとか〜」

ですと。

・・・

もう知らん(笑)。



しゃ〜ない、クリアジャケットのサイズに合わせて、ばぁさんとこのインコちゃんの写真でもはめ込んでやるか。あ、ぴちっとはまってるから間に挟むのは無理だな。

とりあえずこのケース着けて、壁紙を孫ちゃんとインコちゃんを組み合わせた写真にしてやりますかね。

あ〜手がかかる。。。

でもばぁさんがiPhone 4を楽しんでるみたいなので、ヨシとしときましょ〜。


指一本分の労力を頂けると嬉しかったりするです・・・人気ブログランキングへ
にほんブログ村

height185cm | ばぁさんとiPhone | 01:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ばぁさん、復活。静物画を撮りまくり中。 #iphonejp #ios

前回はばぁさんが眩暈で倒れたところをiPhoneとiCloudの機能で無事に保護されたことを書きましたが、多くの方からご心配頂き、温かいお言葉を頂戴しましたこと、改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。

その後、眩暈は継続治療しているものの、この前ほど酷い眩暈はあまり起きなくなりました。とはいっても冷え込んできてますのでね、血圧の急激な変化など起きないように大事をとってのんびり過ごしております。

JUGEMテーマ:iphone
JUGEMテーマ:Macintosh
JUGEMテーマ:家庭
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:健康

さて、そんな生活の中、ばぁさんはiPhone4に救われたこともあってか、以前にも増してiPhoneを使いまくるようになりまして。。。

位置情報で自分が救われたこと、音声コントロールで私に連絡が取れたこと、どちらもばぁさんにとってはとても心強かったんですね。いやいや、本当に助かりました。

そこで何を思ったか、iPhone4のカメラをやたらと使いまくるようになりました。
以前記事にも書きましたが、顔認識のAppを使って撮影しまくっているのはもちろん、普通のカメラを使っていろいろな静物画を撮ってるんですね。


これがね〜意外とちゃんと撮れるようになってきまして。


そもそもカメラなんてばぁさんの世代では銀塩カメラですのでね、写ルンです的な使い捨てカメラくらいまでの感覚だったのわけですよ。
数年前、孫の写真も撮りたかろうと思ってデジカメをプレゼントしたのですが、手軽とはいえ、やはり何かと難しく思えて使いこなすまでいかない。もちろんオートフォーカスですし、誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる機種だったのですが、もうここ一年くらいは何も撮ってなかったみたいで。

そこにiPhone4なんですね。

なので、まずはカメラを使うことの抵抗感を無くしてあげなければと考えていたのですが、そこは息子ちゃんが、

「ばぁば、こうやって、こうもって、ここの赤いのをポンってすればいいんだよ〜」

と教えてくれまして、ばぁさんも孫ちゃんに教わるのが嬉しくて楽しくて、いつの間にか抵抗感は綺麗サッパリなくなりました。


さてさて、孫ちゃんの写真などは以前の記事に書いた「顔認識AFカメラ」を使えばいいとして、ばぁさんは景色や静物画を撮りたいとの事。

そうなると「顔認識AFカメラ」は当てはまらないですし、あんまりいろんなAppを覚えさせるのは負担が大きいだろうなと思ったので、標準のカメラAppを使って上手に取れるよう練習させることにしました。


標準のカメラAppもiOS 5.0.1では非常に安定してるんですね。
以前から指摘されているシェーディング補正の問題で真ん中が緑色になる現象は完全には改善されていませんが、ソフトウェアでの補正が加わったようでずいぶん目立たなくなりました。


となるとやはり一番の問題は手ぶれかなと。


ばぁさん、別に常に手が震えているわけではないのですが(笑)、やはり年齢的な事もあってiPhone程度のものを持っていると多少なりともブレが出るのですよ。こればっかりはねぇ〜仕方ないんですよね。

じゃあ手ブレ補正付きのAppを使えばいいかと思いきや、iPhone4を使っている時にいろんなAppを使ってみたものの、手ブレ補正とは言っても実際にはiPhone4のセンサーを利用して、ブレが少ない瞬間にシャッターを切るだけなので、シャッターボタンを押してから実際にシャッターが切れるまでに予測できないタイムラグが発生します。これが年寄りの手先になるといつまで経ってもシャッターが切れなかったりするのですよ(笑)。


ではどうしようかなと。


基本中の基本に戻ってみました。

既に皆さんご存知のように、標準カメラAppはシャッターボタンを押してから離したタイミングでシャッターが切れるようになっています。そしてiOS5からは本体側面の音量+ボタンもシャッターボタンとして機能するようになりました。
が、この本体側面の音量+ボタンでシャッターを切る時は、押した瞬間にシャッターが切れるんですね。

つまり、シャッターが切れるタイミングを画面上のタッチボタンにするか、音量+ボタンにするかで選択することが出来ると解釈できます。

ばぁさんの場合、片手でiPhoneを持ったまま音量+ボタンでシャッターを切ろうとすると、押した瞬間にiPhone本体が動いてしまいます。
これは誰にでも起きることで、音量+ボタンでシャッターを切る時は、iPhone本体を左手で持ち、右手も本体に添えた状態で音量+ボタンを押せば安定してシャッターを押せるのですが、片手で操作すると音量+ボタンはある程度力を入れてぐっと押すようになるので本体が動いちゃうんですね。

こうなるとやはり何かのカメラAppでソフトウェア的にシャッターを切らせないと駄目かなと思ったのですが、ふと、ばぁさんがiPhoneで撮影している姿を見て気づいたのですよ。


ケースだなと。


これまでばぁさんのiPhone4にはApple純正のバンパーを着けておりました。一番しっくりくるデザインだし、オレンジ色が目立つので何かと見つけやすいだろうなと思っていたのですが、純正のバンパーは側面にゴムの部分があって、それが滑り止めになって持ちやすさを向上していると思うんですね。
ところが、そのために微妙にiPhone4本体の幅が広くなっているので、ばぁさんの手にはちょっと大きすぎちゃう。

そこで、試しに私のiPhone4Sを使わせて写真を撮らせてみたところ、ぜんぜん手ぶれ無く綺麗に写真が撮れました。
ばぁさん曰く、「こっちの方が持ちやすいねぇ〜」との事。

私のiPhone4Sは以前ご紹介した「CAZE ThinEdge frame case」なのですが、どうやらこっちの方が使いやすいみたい。
なので早速注文してあげました。


そして撮った写真がこちら。
ばぁさん撮影。 

ね。
綺麗に撮れてるでしょ?
ピントもいいし、色味は多少暗いけど十分な写真です。

ばぁさん、

「このケースのほうが持ちやすくていいわ〜」

と喜んでおりました。
なるほど、ケースによってこういう使い勝手の違いが出るのね。。。
普通に使っていて気が付かないことだったので、たかがケース、されどケースと思った出来事でした。

ちなみにばぁさん、先日のことがあって周りの友達がどんどんiPhoneになって来たので、最近では友達とSkypeで無料通話して楽しんでおりまして。これまたずいぶん進歩したなぁと。

そしてそのお友達たちが私にいろいろ質問してくるのですが、先日、脈拍を測るApp「Instant Heart Rate by Azumioを教えてあげたところ、

“血圧は測れないの?”
“血糖値とかわかればいいのに〜”
“心電図も見られるんでしょ?”

なんてとんでもないリクエストが多数(笑)。
まぁね、皆さん健康に気を使っていつまでも元気でいて欲しいですし、iPhoneが健康管理に役立つのであれば何よりですしね。
でもねぇ、脈拍はライトで指の血管を透かして、血管の動きをカメラで捉える方法が使えますけど、血圧なんてどうすれば計れるんでしょ。
どっかの賢い開発者の方々、血圧も血糖値も心電図も計れるAppが完成したら教えてくださいまし(笑)。

ま、何はともあれ無事で何より。
みんないつまでも健康でいて下さいです。

あ〜iPhoneで健康管理かぁ。。。
血圧と体重の記録、再開するかな。
頑張るです〜。



iPhoneのカメラとライトで簡単に脈拍測定できるApp
「Instant Heart Rate by Azumio」
Instant Heart Rate by Azumio - Modula d.o.o.


指一本分の労力を頂けると嬉しかったりするです・・・人気ブログランキングへ
にほんブログ村

height185cm | ばぁさんとiPhone | 12:20 | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

実験:iPhoneがばぁさんを救ってくれました。 #iphonejp #ios

件名があれなので先にお伝えします。
何はともあれ、ばぁさんが無事で何よりでした。

一体何があったのかというと、ばぁさんが出先で体調が悪くなり、一時行方不明になってしまったんですね。

先週のある日、いつものように父の月命日にお墓参りをしようと出掛けたばぁさん。お墓は最寄駅のすぐ近くにあるので、自宅からバスで駅まで行って、そこから一つ目のバス停ではあるものの、バスを乗り換えて行っておりました。

JUGEMテーマ:iphone
JUGEMテーマ:Macintosh
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:家庭

実は今年の始め頃、激しい眩暈が起きて倒れたんですね、ばぁさん。
その時は朝起きて酷い眩暈だったので、近所の友達が様子を見に来てくれてそのまま病院へ行ったのですが、それからも眩暈は改善せず、ある日、朝起きてそのまま激しい眩暈で転倒してしまい、すぐに救急車で病院へ搬送されました。
メニエール症候群かと思い心配していたのですが、診断結果は三半規管の病気との事。とはいえ、完治は非常に難しく、投薬を続けながら病気とうまく付き合っていくしかないと先生から説明を受けました。
眩暈自体は投薬でかなり抑えられるようなのですが、万が一転倒して骨折でもしたら大変ですのでね。とにかく気を付けないといかんとばぁさんに話しておきました。

ばぁさん、その日は体調が良かったので、いつもより少し早く家を出てお墓に向かったらしいのですが、バスを乗り継いでお墓に着き、掃除をしてお花を供えて・・・と水場に行って手桶に水を入れたところで激しい眩暈に襲われ、その場に崩れ落ちてしまったと。

恐らく、水道を使おうと前屈みになった事、そして水道の水が冷たかったためにその水温の低さも影響したのかなと思います。

この日、霊園の管理事務所の係員の方がたまたまいつもより少し早く8時半頃に来ていたらしいんですね。
ばぁさんがお墓に着いたのは午前9時過ぎ頃。
ところが係員の方はいつもより早く着いたので、園内の掃除をいつもより前倒しでしていたらしく、うちのお墓があるエリアは既に掃除済みで、奥にある少し離れた方を掃除していたそうです。
運悪く、そんな時に水場の横に座り込んでしまったために、ばぁさんの状態には誰も気付かず、しかも眩暈が酷い時は携帯電話の画面など見ていられませんので、助けを呼ぶことも出来なかったと。


ところがですね、それをiPhoneが救ってくれたんです。



という記事で、iPhoneの音声コントロールが作動して間違って発信していたのが原因で私のところにやたら電話がかかってきたという話を書きました。
その時は音声コントロールをオフにしたのですが、その後、音声コントロールの起動方法を教えて使えるようにしておいたんですね、私。


その日、私は仕事だったのですが、ちょっと用があってばぁさんに電話してみても出ない。自宅にかけてみても出ない。まぁ後でかかってくるだろうと思いつつ、一応メールも送っておきました。
と、10時過ぎにばぁさんから電話がかかってきました。

しかし、出てみると何を言っているのかはっきりわからない。

何かあった、と一瞬で判断しました。

とにかく呼びかけ続け、すぐにiCloudでばぁさんのiPhoneを探しました。場所はお墓付近。日付は父の月命日。墓参りで何かあったと瞬時に判断できました。

が、今いる場所からは距離がある。
急いで行っても小一時間はかかる。
霊園の管理事務所にも電話をしましたが誰も出ない。
救急車を呼ぼうと思った直後、私のiPhoneが鳴りました。
近所に住んでいるばぁさんのお友達からです。

「おかあさんに電話したんだけど出ないから何かあったかと思って電話したのよ〜」

すぐに状況を話し、お墓へ行ってもらいました。
この方は一緒に何度もお墓へ行ってるので場所がわかってました。助かりました。

10分ほどして電話が入りました。
お友達はばぁさんを車に乗せてこのまま病院へ直行するとの事。
このお友達も元看護師さんなので、冷静に的確な対処をして下さりました。
私もすぐに病院へ向かい、一時間後に到着。
ばぁさんは無事で、怪我もなく、点滴で眩暈も治まってくるだろうとの事でした。
最悪の事態まで想定してすっ飛んできたのですが、とにかく無事でよかったです。お友達の方にもお礼を言って、そのまま点滴をして夕方には帰宅できました。


点滴をしながらしばらく眠っていたばぁさん。
二時間ほどして目が覚めると、

「とにかくグルグル目が回っちゃってどうにもならなかったから、あんたに教えてもらったボタンの押しっぱなしをしてあんたのこと呼んだのよ」

と話してくれました。
iPhoneの音声コントロールは連絡先に入っている情報の日本語のものに関しては名前の読みが入っているものを認識します。
なので、これは緊急時に使えるようにと私の名前だけ読みを入力しておいたんですね。本当、助かりました。

Siriの日本語版は2012年のリリースと聞いていますが、現状の音声コントロールも相当優秀だなとつくづく感じた出来事でした。
それとiCloudの“iPhoneを探す”、普段からちょくちょく使ってはいましたが、緊急時にiPhoneから素早く探せるのは本当に便利。

余談ですが、担当して下さった先生にiPhoneでばぁさんを見つけたことを話したところ、先生もiPhone 4Sを買うと仰ってました(笑)。

いやいや、本当にびっくりでしたが、無事で何よりでした。

息子ちゃんにこのことを話したところ、

「ばぁば、パパがiPhoneくれてよかったね〜ぼくも安心だよ〜」

と嬉しそうにお話ししてました。
来年、息子ちゃんが小学生になったらiPhoneを持たせる予定なのですが、緊急時に備える意味でもiPhoneはとっても有効だなぁと感じた出来事でした。

ありがとです、Appleさん。
指一本分の労力を頂けると嬉しかったりするです・・・人気ブログランキングへ
にほんブログ村

height185cm | ばぁさんとiPhone | 14:00 | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

実験:ばぁさん、iPhone4でカメラマンになる! #iphonejp #ios #iphone

ドタバタしていてなかなか記事が書けなかったです。。。
あ〜今年もあと一ヶ月ちょっとで終わりなんですよね〜。早いなぁ〜一年ってば。

さて、今回は「ばぁさん、iPhone4でカメラマンになる!」でございます。
ばぁさんがiPhone4を使って写真を撮る練習を一生懸命しておりまして。
これはね〜何度かに分けて記事を書きますです。
それだけ大変だったって事でもあり、iPhone4が凄かったという事でもあり、な感じです。
はい。


JUGEMテーマ:iphone
JUGEMテーマ:Macintosh
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:家庭
JUGEMテーマ:恋愛/結婚


さてさて、iPhone4Sではカメラの性能が大幅に向上し、静止画では顔認識のAFになった事もあって人を撮影するととっても綺麗に撮れるようになりました。フォーカスもそうですが、シャッタースピードも変わったようなので、動きのある被写体でも全く問題なし。

それだけにね、iPhone4だとカメラの性能が気になるんですねぇ。
実はiPhone4をばぁさんに持たせてから、これまで何度もカメラの使い方を教えて練習させてるのですが、使い方は覚えたものの、iPhone4でうまく綺麗に撮影するのは結構難しいんですね、ばぁさん的には。

というのも、まずは手ぶれの問題。
私が使っていてもiPhone4で手ぶれ無く撮影するには気を使うくらいなので、ばぁさんには相当難しいんです。
なのでね、撮影のポイントを教えつつ、同居しているセキセイインコちゃんを被写体にして日々練習をしているのですが、やはり手ぶれがねぇ。

そこで私が用意したのがこれ。
私自身がiPhone4だった頃に時々使っていたAppをインストールしてみました。

「顔認識AFカメラ」
顔認識AFカメラ - UX-DESIGN TOKYO


これね、iPhone4Sでは顔認識AFが搭載されていますが、iPhone4でも同様に顔認識をしてAFするAppなんですね。
これがね〜とっても良く出来てるですよ、本当に。顔認識の早さも精度もかなり良く、とっても実用的。ただ一点、画質は落ちるんですよねぇ。でも普通に使う分には問題ないのでね。

これが本当に助かるのは、顔認識でシャッターを切る設定があるということ。


これが設定画面。
上にある“顔認識オートフォーカス”と“オートフォーカス”は説明するまでもありませんが、その下にあるスライダー、“顔認識精度”ですね。これを右に動かすと精度が上がるので小さい顔も認識するようになりますが、認識するまでのライムラグが大きくなります。逆に動かすと認識は早くなりますが小さい顔を認識しなくなります。

そして私的に最も重要なのが、その下にある顔認識自動撮影。
これ、Cyber-shotなんかにある機能と同じなのですが、顔認識精度との組み合わせ、調整の仕方ですっごく便利になるんですね。

私の場合、ばぁさん用にいろいろ試しつつ、顔認識自動撮影を常にオンにしているのですが、顔認識精度を一番右から1cmほど左にずらしたくらいのところがちょうどいい感じ。
これだとばぁさんが孫ちゃんの顔を撮ろうとしてシャッターを押して・・・ということもなく、Appを起動してそのまま孫ちゃんの方にiPhone4のカメラを向けているだけで、顔認識がとれた瞬間に撮影してくれます。

そう、このやり方だと、動き回る被写体に合わせてiPhoneをあちこち向けて追いかけるという動作をしないので、iPhone4をしっかり両手で持って動かないようにして待っていれば、ちょうどこちらを向いた時に顔認識をしてシャッターが切れるんですね。
これのおかげで手ぶれはほとんど気にならなくなり、ピントもしっかい合っていてとっても撮影が楽になりました。

iPhone4Sは元々顔認識AFを搭載しているので全く問題ありませんが、顔認識自動撮影はできませんのでね。顔認識自動撮影をしたい方にはこのAppはとってもお薦めです。

ちなみにばぁさん、このAppを起動してあちこち向けてたら、

「なんかテレビに映ってる人の顔までちゃんと撮れちゃうんだねぇ〜」と驚いておりました(笑)。
そりゃ顔として認識できればシャッター切れますがな。

「でもインコの顔はわからないのかねぇ」とぼやくばぁさん。

あの、さすがに人間の顔だけ顔として認識すると思うんだけどね。そのうちインコモードとかどっかのメーカーさんが開発するかもしれんけど、このAppはインコに対応してないってことで納得してくれ〜。


それにしてもうちのばぁさん、iPhone4を使うようになってからいろいろな変化が起きまして。

まず何はともあれ国際電話。パリに住む姉とやり取りしてますが、最近はSkypeも覚えてきたので、電話代を気にしないで国際電話が出来るのがとっても気楽でいいみたい。えがったえがった。

次はメールね。
息子ちゃん(孫ちゃん)の写真やムービーを送ってと言ってくるのでちょこちょこ送ってあげるのですが、それまでの携帯ではかなり画質も悪かったし、静止画も小さい画像だったのが、iPhone4だと綺麗で大きく観られるのがいいですもんね。

そして何より、毎週日曜日に私と息子ちゃんとの三人で逢っている時に、

「ばぁば、こうやってこうすればできるよ〜」と孫ちゃんに教えてもらえるのが嬉しいんだよね、ばぁさん。よかったね〜。

看護師として数十年、患者さんのために一生懸命働いてきたばぁさん。今は引退してのんびり過ごしてるけど、それでも看護師の信念は未だ持ち続け、友達や近所の知り合いの家のおばあちゃんやおじいちゃんのお世話のお手伝いに行ったりしてること、今まで知らない顔してたけど、ずっと前から知ってたよ。帰りが辛かったり、くたびれちゃうこともあるだろうし、いつもそういう時は声をかけてって言ってたけど、何も言わないんだよね、おふくろは。
だからね、iPhoneを持たせて、何かあったらすぐに行ってあげられるようにしたかったんだ。
姉貴はパリ。すぐに来られる距離じゃない。何かあったら俺がいる、その状況に徹するために実家の近くに越してきた。そこにiPhone4が加わって、何かあってもすぐに行ってあげられるし、どこにいるかもわかる。ありがたいよね、テクノロジーって。日々、感謝です、テクノロジーにもおふくろにも。


ということでばぁさん、最近は孫ちゃんの写真を撮りまくっております。なかなかいい写真も撮れてきてるのですが、次回は人の撮影ではなく、風景や物の撮影、そしてインコちゃんの撮影についてのお話を。

お楽しみに〜。

「顔認識AFカメラ」
顔認識AFカメラ - UX-DESIGN TOKYO
指一本分の労力を頂けると嬉しかったりするです・・・人気ブログランキングへ
にほんブログ村

height185cm | ばぁさんとiPhone | 09:32 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

実験:ばぁさん、フリック入力をマスターする。:フリック入力の説明つき〜 #iPhonejp #iPhone4jp

おぉ・・・

おぉ・・・

ばぁさんの急成長に驚きばかりの本日。。。

というのはですねぇ、先日「実験:ばぁさんをさがせ!」という記事を書きましたが、その頃のばぁさんはまだ文字の入力が大変だったのですよ。
なので、

「あさすさし田はいさししぉはひはひ」

なんていう暗号のようなメールが届いておりました(笑)。この暗号の答えは「実験:ばぁさんをさがせ!」の記事を読んで下さいまし。

まぁそりゃ仕方ないですわな。普通の携帯からタッチパネルのiPhone 4に変わって、今まではポチポチ押してゆっくり入力してたのが、iPhoneは押してから少しすると自動確定しちゃうのでね。間に合わなくなるのですよ、次の文字を押すのが。今まで使ってた携帯も自動確定をオフにしてたので、この辺の使い勝手には慣れてもらうしかないなぁと思っておりました。

が!

ばぁさん、フリック入力をマスターしておりました・・・


JUGEMテーマ:iphone
JUGEMテーマ:Macintosh
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:家庭
JUGEMテーマ:同棲あれこれ
JUGEMテーマ:離婚
JUGEMテーマ:恋愛/結婚


以前、「iOS5の注目機能2:日本語入力時に文字パレットが!」という記事を書きましたが、もう既にご存じの方も多いとは思いますが、iOS5からは日本語テンキー入力のキーボードに“フリックのみ”という設定ができるようになりました。


設定は簡単。
iPhoneの設定を起動し、一般の中のキーボードを開き、その下の方にある“各国のキーボード”を開くと設定してあるキーボードが一覧されてますね。
その中の“日本語テンキー”の項目を開くと上の設定画面が表れます。デフォルトでは“かな入力”になってますので、これを“フリックのみ”に変更するだけ。これでフリックのみになります。
これね〜フリック入力に慣れてる人にとってはとっても使いやすくなるんですね。

ではいってみましょ〜。


まずは普通の状態の日本語テンキー。


はい、テンキー左側の各ボタン類に注目。
一番下は絵文字パレットなどに切り替える地球アイコン。その上は英数に切り替えるボタン。その上は入力する文字を“逆周りに戻る”ボタン。ほとんど使った事無いです(笑)。
そしてその上が同じ文字を連続して入力する時に使う、送りボタン。これもほとんど使った事無いです。

さて、フリックではなく、普通の携帯のように“あ・い・う・え・お”と一文字ずつ打っていく入力方法だと、例えば“愛してる”と入力する時は、

あ “あ”ボタンを一回押す
い “あ”ボタンを素早く二回押す

と押すわけですが、それを素早く打つには“あ”と打ってから文字送りの→ボタンを押して移動して次の“い”を入力するために“あ”のボタンを二回押すわけです。
iPhoneの場合、この最初の“あ”を押した後に一定の時間が経つと自動的に文字が確定します。この一定時間にばぁさんは間に合わないのですよ(笑)。


さて、お次は“フリックのみ”に設定した日本語テンキーです。



これです。
左側のボタンが変わってますね。一番下の地球アイコンは変わりませんが、その上は“あいう”、“ABC”、“☆123”になってます。
フリックのみの設定にすると、入力文字の切り替えはこの左側ボタンを直接選ぶことで切り替えられるようになるんですね。この時点でフリック使いはとっても便利〜。


ということで本題です。


今回のタイトル、「実験:ばぁさん、フリック入力をマスターする。」です。
もちろん、フリック入力に慣れた私のような速さで入力できるようになったわけではないのですが、びっくりするほど上手になりました、ばぁさん。

では何がどうなったのかというと。。。



はい、これはフリック入力で“な行”を開いたものです。フリック入力がよくわからない方のために“な行”のそれぞれの文字を入力する方法を書いておきましょ。

な “な”ボタンを一回押す
に “な”ボタンを押しながら左に指を移動
ぬ “な”ボタンを押しながら上に指を移動
ね “な”ボタンを押しながら右に指を移動
の “な”ボタンを押しながら下に指を移動

フリック入力はこんな風に指を動かすわけですね。
最初は戸惑うと思いますが、慣れると凄く入力が楽になります。

さ、ばぁさんはどうやってフリック入力をマスターしたか?


そこには私の息子ちゃんが大貢献しておりました〜。


なんせ息子ちゃん、生まれて10ヶ月頃にはパパのMacをいじるようになり、アップルジャパンでLeopardの発表会までパパと一緒に行き、置いてあるiMacを普通に操作してアップルジャパンのスタッフさん達に驚かれてましたのでね(笑)。そりゃもう六歳にしてMac歴五年みたいなエキスパートなのですよ。
なので、iPhoneも3Gからパパのをいじり倒してまして、その頃はもう離婚して離れて暮らしてましたけど、前の週に逢った時に遊んだアイコンとかムービーとかも翌週ちゃんと覚えておいて続きをやり始めるという。。。ピンチもフリックもなんでもひと通り出来ますし、最近はひらがな・かたかなや簡単な漢字も読み書きできるので、メールも書いたりしてます。我が子ながら素晴らしい〜親ばか全開ですんまへん。。。

で、ばぁさんがiPhone 4を使い始めてからというもの、逢う度に息子ちゃんが「ばぁば、こうやってやるんだよ〜」って教えてくれてたんですね。
そこで、「パパ〜パパのiPhoneみたいに字が出るやつにして〜」というので、“フリックのみ”の設定に変更してあげたんですね。

これね、やってみるとわかりますけど、フリックのみにすると同じ文字を連続して入力する時にそのまま文字ボタンを必要な回数だけ操作すればいいので、いきなり入力ミスが減るんですよ。
そうだったのか〜だから息子ちゃん、iPhone 4Sになってから文字の入力が速くなってたんだ〜と気づきました。

そしてこれがばぁさんにもとっても有効だったんです。

最初の方に書いたこれまでの日本語テンキーで“愛してる”と打つ時の“あ”と“い”を、フリックのみで入力するとこんな事になります。

例えば“愛してる”と入力する時は、

あ 一回
い “あ”を押しながら左に指を移動

気が付きますよね、指の移動頻度。
押す動作を二回、文字が自動確定する前に押す動作は、忙しいんです。
でもフリック入力なら“あ”と押してから次に“い”を入力する時も、“あ”を押す時と同じように指を“あ”ボタンに乗せてそのまま左に移動する。
これね、私も老眼が相当入ってますけど(笑)、上のキャプチャーでわかるようにフリックをゆっくりやると他のボタンが暗くなって今選べる文字だけがハイライトしてくれるから見やすいんですね。

もちろん私はフリックに慣れてますのでハイライトするまで押したままにしてることはありませんが、息子ちゃんにフリック入力を教える時にハイライトさせてゆっくり一文字ずつ入力する方法を教えてたんです。

それを息子ちゃんは「ばぁば、こうやってやればできるよ〜ゆっくりやればいいんだよ〜大丈夫だよ〜」って教えてくれてたんですね。ばぁさんも孫ちゃんから一つずつ教えてもらえるのが嬉しくて、一緒に楽しく練習してたんです。きちんと入力できると「ばぁば、できたじゃん〜よかったね〜」なんて褒めてもらえるので楽しかったんでしょうね。

息子ちゃんが先生になってくれたおかげでフリック入力を覚えたばぁさん、まだまだ誤字・脱字はありますが、以前の暗号メールみたいなのはほとんどなくなりました。孫パワー、恐るべし(笑)。

息子ちゃん、ばぁばが大好きなんです。
一緒にお出かけする時はいつもばぁばを気にして振り返ったり、エレベーターがあると「ばぁば、ゆっくり来ればいいよ〜」と言って、走ってエレベーターのボタンを押しに行く。エレベーターが開くといつもパパが息子ちゃんにやるように、中に入って“開”のボタンを押して待っててあげてる。階段しかないところはばぁばの手を引いて「一緒にゆっくりで行こうね〜」と支えてくれる。別にばぁさんは足腰弱ってるわけじゃないんだけど、心臓が悪いから少しの事でも息切れしちゃうんですね。あとは目眩。これは耳の病気で治らないし。そういうこと、何も息子ちゃんには言ってないんだけど、ちゃんとわかってるんです。優しい子なんです、息子ちゃん。。。そんな息子ちゃんがパパもばぁさんも大好き。

以前、「息子との絆。そしてiPhone 4」という記事を書きました。
今でも息子ちゃんはこの記事の中にあるように

“ぼく、パパと一緒にいたいから・・・もっともっと長く長く一緒がいいの・・・お電話じゃやだもん・・・”

と言って、iPhoneで顔を見ながらお話するよりもパパに逢いたいと言ってくれます。
でもね、来年はいよいよ小学生。小学生になったらiPhoneを買ってあげようと思ってるのですが、そんな話をしていたら、

「ぼくのiPhoneが出来たら、ばぁばがぼくに逢いたくなってもiPhoneでテレビ電話してあげられるよね〜」

と嬉しそうに言ってました。

iPhoneが離れ離れになった家族を繋いでくれる。

そして、何より強く家族を繋いでくれているのは息子ちゃんの深い愛情。
愛おしくてたまらない。
寂しい想いさせてばかりで本当に申し訳なく思ってますが、息子ちゃんからの純粋で純朴な愛を受け取る幸せを、決して無駄にはしないよう、明日もパパは頑張ります。
ばぁばも可愛い孫ちゃんのために、日々健康に気をつけて頑張ってるからね〜安心してね、息子ちゃん。

はぁ〜駄目だ、記事を書きながら息子ちゃんの事を想うと涙ぐんでしまう。。。

いかん、今回の記事はばぁさんのフリック入力なのだ。本題に戻らねば〜。


ま、話が大きくそれましたが、要するに日本語テンキー入力を“フリックのみ”の設定にすることで、文字ボタンを押す回数が減り、ゆっくりと一文字ずつ確実に入力しやすくなるというお話。
フリック入力って、慣れると本当に入力が速くなるし、うちのばぁさんのように自動確定される入力が苦手な人にもぴったりな入力だなと思いました。これまでフリックは入力しにくいと思っていた方、“フリックのみ”に設定してみてはいかがでしょ?ぜんぜん使い勝手が変わりますよん。


ちなみにばぁさん、今度はカメラで撮影することに挑戦しております。写真を撮る事自体はもう出来るんですけど、同居しているセキセイインコちゃんを撮ろうと頑張ってみるも、手ぶれやシャッタータイミングで悪戦苦闘しておりまして。これまたネタになりそうなので近いうちに書きますです〜。


さ、来週もアーチェリーやりいくぞ、息子ちゃん。

アーチェリーしてるです。

愛してるよ、息子ちゃん。
指一本分の労力を頂けると嬉しかったりするです・・・人気ブログランキングへ
にほんブログ村

height185cm | ばぁさんとiPhone | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

実験:ばぁさんをさがせ! #iPhonejp #iPhone4jp

はぁーくたびれた。。。
このところ仕事が忙しくてヘロヘロな私。
ようやくばぁさんの“うっかり音声コントロール電話”が一段落したのも束の間、今はメールの練習を頑張っているようで、まるっきり暗号みたいなメールがやたら届いたりして、これまたその謎解きをするのが面白かったり(笑)。

今日届いたメールをひとつご紹介しますとですね〜・・・

「あさすさし田はいさししぉはひはひ」

さ、なんでしょ〜。
こんなん、仕事中に送られてきてプレビューで表示されたら笑うわ(笑)。

これはですね〜フリックに慣れていないので、日本語テンキーを使って入力している時に、iOSってタッチして少しすると文字が確定しますよね?ばぁさん、入力が遅いから自分が入力したい文字にいくまでに何度も確定しちゃって、それを直すに直せなくてそのままにしちゃったりするのですよ。しかもアクセシビリティで文字をかなり大きくしているので、iMessageの入力ウィンドウが大きくなっちゃってるから、それまで入力した文字が隠れちゃうのね〜。で、先のような文章になってしまうのです(笑)。
ちなみに、

「あさすさし田はいさししぉはひはひ」


「あしたは大丈夫?」

でした〜。
最後の“はひはひ”はなんでそんなんなったのか全くわからず。面白いからしばらく使ったろうかと思いまはひはひ。


さて、文字の入力はまだまだ時間がかかりそうな予感がしたので、それは個人練習しときなさいと諭しておき、なにはともあれ私がiPhoneをばぁさんに持たせる最大の目的を遂行せねばならん。


その機能とは“iPhoneを探す”。

今日はこれを“ばぁさんをさがせ!”と題して書いてみましょ〜です。



JUGEMテーマ:iphone
JUGEMテーマ:Macintosh
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:家庭
JUGEMテーマ:健康
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
JUGEMテーマ:離婚
JUGEMテーマ:同棲あれこれ


さてさて、MobileMeの頃からあるiPhoneの機能、“iPhoneを探す”ですが、なぜ私がわざわざiPhoneのこの機能を使いたいと思ったかと言うとですね、これまでの携帯ではほとんどのキャリアがこういった他の携帯電話を探す機能が有料だったからなんですね。それも一回探す度にいくらという感じなので、それじゃたまらんなと思っておりました。
iPhoneだとこの“iPhoneを探す”という機能はそのまま使えるのでね、しかも専用のAppもあるし、もちろんWebからも利用することができるのでとっても便利〜。

ということで、早速使ってみました。

前から会社の業務用iPhoneなんかで使っていたので勝手知ったるものなのですが、使ったことがない方のためにちょこっと説明しましょ。



これが起動した直後の画面。
探したいiPhoneやiPadのApple IDとパスワードを入力します。


ログインするとこんな画面になります。
この時点で既にデバイスの所在地を確認しに行きます。
この時、左上のところにデバイスと表示されてますね。


はい、これが所在地を確認したあとの画面。
何秒前に確認しましたという風に表示されてますね。
所在地が確認されると、左上のところは場所という表示に変わります。


左上の場所というところをタッチするとこの画面に切り替わります。
おなじみな感じのマップ画面ね。
最近はGPS精度も高くなったので、ほぼピンポイントで所在地を確認できます。
マップは標準のマップ同様に地図・航空写真・地図+写真の3パターンに切り替えられます。
そして左下のボタンは更新ね。これをタッチすると再び所在地を確認しに行きます。

ま、こんな感じね。
ログインした端末をリモートで消去したりロックしたり出来ますので、紛失した時なんかはとっても便利〜。


で、これを使ってばぁさんの所在地を確認したかったのですよ。


ばぁさん、別に徘徊したりしませんけど、やはり近所に住んでいるとはいえ、何かあった時にすぐに行ってあげられるようにって思うんですね、私。姉はパリにいますので、動けるのは私しかいませんのでねぇ。

ばぁさんも時々は用事があって出かけたりするので、帰りを迎えに行ってやったり、買い物に行って予想以上に荷物が重かったりとか、これまでいろんなシーンで位置情報がわかればなぁと思ってたのですよ。
もちろん、電話して聞けばいい事でもあるんですけど、なかなか居場所を説明しづらかったり、こっちも仕事中に駅へ迎えに行ったりする時は、今どの辺にいるんだろ?とか思ってたのですよ。これまたメールでさくさくやり取りできればいいんですけど、それもまた時間かかるしねぇ(笑)。
ま、そんなこんなで“iPhoneを探す”が必要だなと思っておりました。。。

先日、iPhone 4を渡してから最初のお出かけがありまして、その帰りを息子ちゃんと一緒に駅まで迎えに行くことにしました。息子ちゃんとは日曜日にしか逢えないのでね、私。ばぁさんもその時にしか逢えないので、なるべく逢わせてあげられるようにしているのですが、これまで何度も待ち合わせがすれ違っちゃったりしてたので、今回は早速“iPhoneを探す”を使ってみました。

都内から電車で帰ってくるので、電車に乗る前に電話するようにとメールを送っておいたところ、ちゃんとメールを読んで電話をしてきたばぁさん。自宅の最寄駅に着く時間もある程度わかりますが、途中で乗り換えもあるので、いろいろ時間かかるんですな。。。

そして早速“iPhoneを探す”を起動。電車に乗ったくらいの時間に見てみると、ちょうど山手線の上にばぁさんiPhone 4の所在地を確認。
少ししてからまた確認してみると、最寄り駅の2つ手前の駅を過ぎたくらいの位置。そろそろ駅へ向かうかなと思い、息子ちゃんと二人で車に乗って駅へ向かいました。

駅前のロータリー、一般車のところへ車を停めてばぁさんiPhone 4の位置を確認すると、駅のほんの少し手前にいるとの表示。そこからは息子ちゃんが面白がって何回も確認してましたが、改札を越えるくらいの位置、エスカレーターくらいの位置、そしてロータリーの少し手前当たりの位置、と、どんどん近づいてきて無事にピックアップできました。


すっごく便利〜。


いやいや、本当に助かりますです。
これなら何かあっても安心です〜。

なので、ついでにパリに居る姉にiCloudからのログイン方法を教えてあげたところ、姉の旦那が「飛行機に載ってる時にも所在地がわかるの?」と聞いてきたので、飛行機の中は電源を切ったり、航空機モードで通信を切らなきゃならないから無理と教えておきました。
確かにね、パリに行く時の飛行機の位置までわかれば、向こうで出迎えるのにも便利ですもんね。まぁ、普段も姉がちょこっとばぁさんの所在地を確認したりして、“あ〜今日も元気に買い物でも行ってるんだなぁ〜”とか思って安心したりするみたい。良かった良かった。


数日後、ばぁさんから電話がかかってきまして。

「おねえちゃんから、“首に縄つけられたんだって?”って言われた(笑)」

と、楽しそうに話してました。

父が他界して、姉はフランス人の旦那と一緒にパリで暮らしているので私が実家近くに引越してきて、しばらくしてから再婚、そして離婚。
母にしてみればいつも傍にいてくれる人が父で、その父が他界してからは子供達が気にかけてくれてることが心の拠り所になるだろうと思ってきました。
仕事柄、都内の方が勝手が良かったんだけど、あのタイミングで実家の近くに引越してきたのはやっぱり良かったなと思ってます。二度の結婚、二度の離婚で心配ばっかりかけてるからね、そのくらいのことはしてあげないと。
せめて孫の顔を週に一度見られるようにし続けてあげたいし、何かあったらすっ飛んでいってあげたいしね。そこにiPhone 4が母とのホットラインとして活躍してくれている。

首に縄つけられた〜と笑っていたばぁさん、それが娘と息子があなたを見守る一本の線にしてること、わかってくれてるもんね。これからも元気で長生きして、いつまでも私の息子ちゃんの優しいばぁばでいてあげてね。


ちなみに本日、自分のiPhone 4で息子ちゃんの写真を撮ってたので、そのまま壁紙に設定してあげたら、

「いい顔してるね〜この子は〜。あんたとは大違い」

ですと。
こんだけ憎まれ口叩けるんだからまだまだ元気で長生きすんだろうよ(笑)。

次はばぁさんがiPhone 4のカメラで初めて写真撮った時のことをネタにして記事書いてやる〜。


あ、でもその前に一つ教えてやんないとな。

あのね、ばぁさんの新しい携帯電話は“あいふぉん”ね。“あいほー”じゃないからね(笑)。

いい加減、覚えろ〜。

そしてとりあえず頑張ればぁさん〜はひはひ。
指一本分の労力を頂けると嬉しかったりするです・・・人気ブログランキングへ
にほんブログ村

height185cm | ばぁさんとiPhone | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
2/3PAGES | << >> |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
RECENT COMMENT
  • iPhone一台の中でApple IDを二つ使い分けると物凄く便利になるです。
    height185cm (10/12)
  • iPhone一台の中でApple IDを二つ使い分けると物凄く便利になるです。
    height185cm (10/12)
  • iPhone一台の中でApple IDを二つ使い分けると物凄く便利になるです。
    よこよこ (10/11)
  • iPhone一台の中でApple IDを二つ使い分けると物凄く便利になるです。
    height185cm (08/21)
  • iPhone一台の中でApple IDを二つ使い分けると物凄く便利になるです。
    okn (08/21)
  • スマホ依存症がなんじゃい。生活の中でiPhoneに割り振っている役割を考えてみた。
    height185cm (06/14)
  • スマホ依存症がなんじゃい。生活の中でiPhoneに割り振っている役割を考えてみた。
    くが (06/14)
  • 親子三代iPhone〜。 #iPhonejp #iPhone4jp #ios
    height185cm (10/19)
  • 親子三代iPhone〜。 #iPhonejp #iPhone4jp #ios
    あゆけパパ (10/19)
  • 親子三代iPhone〜。 #iPhonejp #iPhone4jp #ios
    height185cm (10/19)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
PR
CATEGORY
私的なおすすめ。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
iPhoneの購入はこちら!
LINKS
PROFILE
profilephoto
SEARCH


Google+